スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を叶えたい子どもたち

新幹線に乗りたい(翼君 享年8歳 骨髄腫)

翼君は、お母さんや限られた人としか話をしない無口な小学二年生の男の子。
いつもプラレールの新幹線を持ち歩いているほど新幹線が大好きで、特にお気に入りなのは白ではなくグレーの車体の500系。
そんな翼君の夢を叶えるため、お母さんや主治医と相談し、新幹線で京都から新大阪まで往復することを実現しました。しかし、大好きな新幹線に乗れたのに、新大阪に着いたときの翼君は、ムスっとして笑顔がありません。「しんどいの?痛いの?」と聞くと「新幹線、全然見れへんかったやんか!」と‥
新幹線に乗ってしまったことで車内から新幹線が見られなかったことが残念だったようです。
でも、新大阪駅には新幹線がたくさんいます。翼君お気に入りの500系もたっぷり見ることができたので、帰りの新幹線の中ではずっとしゃべりっぱなしで大満足な翼君でした。

DSC_8744.jpg



大クワガタがほしい(健ちゃん 享年7歳 悪性リンパ腫)

健ちゃんは虫博士で、大のお気に入りは大クワガタです。でも実際のクワガタを見たことがなく、写真の大クワガタを切り取って手のひらに乗せては「このクワガタどうやって動くんかなあ?この角は強いんかなあ?」と手の上の写真のクワガタに話しかけていました。
 健ちゃんに実物の大クワガタを見せてあげたい!と、大クワガタを探すと百貨店で販売されていましたが、11万円と高額でとても買うことができませんでした。せめて借りることだけでもできればと、奈良の山奥で養殖をされている内藤さんという方に、健ちゃんの話をしたところ、すぐに大クワガタを貸すことを快諾してくださいました。
後日、内藤さんがわざわざ病院まで大クワガタを持ってきてくださり、健ちゃんの手の上に乗せたところ、手の上のクワガタを見ては、健ちゃんは顔を真っ赤にさせて大喜びしていました。その様子を見ていた内藤さんは「あのクワガタあの子にやるわ!」と言って帰って行かれました。その日以来、健ちゃんはいつも大クワガタを枕元に置き、話し相手にしていました。

img0287b910zikfzj.jpg

トライム ホームページへ
スポンサーサイト

活動にお力をお貸しください

トライム活動は皆さまの応援を得てこそ、より多くの子供たちの「命を喜ばす」ことができます。是非とも、多くの皆さまのお力を私たちの活動にお貸しください。

(1)入院中および自宅療養中の子供たちの夢を叶える活動
(2)小児難病の患児家族の支援活動
(3)小児難病の啓発活動
(4)個別のプロジェクト活動を円滑に進めるための支援活動
(5)活動地域の拡大のために必要な計画の立案とその推進活動

トライム ホームページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。